不動産売却の相談をするなら売却のプロへ|ローン支払いを楽に

住宅ローンが払えない時に

家の模型

競売よりもお得な方法とは

もし住宅ローンを組んでいて、途中で返済ができなくなった場合は、競売もしくは任意売却を行って、住宅を売却することになります。この場合、お勧めなのは任意売却の方です。任意売却は通常の不動産価格で売却でき、転居費用も出ますし、もちろん事前に人が立ち入ることもありません。この場合は、弁護士または専門業者に相談して行うことになります。専門業者は売却額の中から報酬を受け取るため、無料で依頼できますが、転居費用をあまり高く見積もる業者は、避けた方がいいでしょう。

費用とメリット

業者への依頼は無料ですが、弁護士の場合は着手金や成功報酬を合わせて、30万円から60万円ほどかかります。もちろんこの場合、売却が成立しなければ成功報酬は必要ありません。しかし家を売却するというのは、お金があまりないというわけですから、弁護士の場合はまず事務所で相談をしましょう。弁護士事務所だと相談料がかるのが心配という時には、司法書士事務所での相談も可能です。また任意売却のメリットとして、売却した家にそのまま住み続けることができます。この場合は売却物件をしかるべき人に買い取ってもらって、賃貸契約をするか、家族などに買い取ってもらい、その人にローンを払う形になります。高齢者がいるとか、子供を転校させたくない時などは、この方法がお勧めです。売却する際にはトラブルの発生を考慮して、注意すべき点に関する情報を事前に集めておくと良いかもしれません。前もって準備しておけば、いざ問題が発生した時スムーズに対処できます。