不動産売却の相談をするなら売却のプロへ|ローン支払いを楽に

競売が始まる前に行動を

積み木のマンション

専門業者に求めたい要素

マイホームの住宅ローンを滞納すると、金融機関は抵当権を行使し競売手続きが開始されます。既に滞納し督促の電話や郵便が届いている方は、競売手続き開始までに残された時間はあまりありません。早急に行動を起こさなければ、強制的にマイホームから退去を命じられ家族全員が路頭に迷う恐れがあります。任意売却が問題解決に最も有効な手段であるため、専門の業者に1日も早く相談することが重要です。福岡で任意売却専門業者を探す際には、福岡の金融機関と交渉実績があるか、福岡の不動産市況に精通しているかを重視する必要があります。どちらかが欠けていると任意売却がスムーズに進まないほか、満足できる結果とならない恐れがあります。任意売却専門業者の多くが交渉実績と得意エリアを公式ホームページなどで公開しているため、まずは徹底的に比較する必要があります。

弁護士との連携もポイント

任意売却では、金融機関と交渉を行うことが不可欠です。金融機関によって要求してくる内容が異なるほか、要望への応じる姿勢も違います。豊富な交渉実績を持つ専門業者であれば、金融機関の特徴に応じて柔軟な交渉を行えます。また、任意売却では、マイホームをより高い価格で売却する必要もあります。福岡の不動産市況に精通した専門業者であれば、より多くの住宅ローンを返済できる価格でマイホームを短期間で売却してくれます。その他、任意整理や個人再生などの債務整理も必要となるケースもあるため、弁護士と連携している専門業者を選ぶと安心です。任意売却が完了したから終わりではなく、任意売却後もサポートし続ける専門業者を選び、住宅ローン問題を全て解決することが重要です。